株式会社FEEDでは、部品を設計する際に2・3次元CAD/CAMが使用されます。

株式会社FEEDで使用される2・3次元CAD/CAMとは

MENU

株式会社FEEDの設計分野

 

自動車部品やオートバイ部品の研究・開発や製造を主な事業としている株式会社FEEDでは顧客からの依頼があれば2・3次元CAD/CAMを使用した「設計」も行っています。

 

通常、自動車やオートバイに限らず航空機や発電所のタービン、医療機器や産業機械用部品に至るまで多くの機器に使用される部品は「工作機械」と呼ばれる機械によって生み出されています。

 

工作機械とはエンドミルやドリルなどの工具を使用しながら素材に穴を開ける・形を変えるなどの加工や表面を削るといった加工を行う為に使われる機械の事を指します。

 

工作機械によって加工される部品の材料は鉄やアルミをはじめチタンやスチール、ステンレスなどの金属類が挙げられますが、これらを工作機械で加工する際にはあらかじめ加工の「順序」や「方法」を考え、素材が変形したりしないように細かく数値データにしておき、その数値を工作機械へと転送しておく必要があります。

 

ここで使用される数値データを算出し、部品を製造する為に使用されるのが2・3次元CAD/CAMと呼ばれるシステムです。

 

フィードの製品サンプル

 

CAD

 

 

2・3次元CAD/CAMに関する知識

 

株式会社FEEDでは依頼があれば部品を設計から行いますが、設計の際には2・3次元CAD/CAMが使用されます。

 

CADとはパソコンの画面上で図面を作成する為に使用されるソフトウェアの名称であり、この世に存在するありとあらゆる機器はこのCADによって書かれた図面を元に製造されているのです。

 

CADには2次元CADと3次元CADの2種類が存在していますが、簡単に言えば2次元CADは「平面図」3次元CADは「立体図」の製図に使用されます。

 

また、株式会社FEEDでは2・3次元CAMを使用して部品を製造する工作機械の加工プログラムを作成しています。

 

CAMとはパソコン上で工作機械に転送する為の加工プログラムを作成する為のソフトであり、加工の条件をかなり細かく設定できるので非常に高い精度で部品製造を可能にしてくれる、製造業には必要不可欠なソフトウェアとしても知られています。

 

受注から完成までの流れ