顧客の満足度を第一に考えたものづくりを目指す株式会社FEEDの特徴をご紹介します。

社長のブログから探る株式会社FEEDの特徴

MENU

株式会社FEEDに関する情報を紹介

 

株式会社FEEDは三重県鈴鹿市寺家町に本社を置く従業員8名ほどの会社で、主に自動車の部品製造や研究・開発を行っています。

 

作業

代表取締役として門田祐二が就任しており、「お客様のかゆい部分に手が届く物づくり」をモットーに日々、技術開発に取り組んでいます。
株式会社FEEDのFEEDには「満足させる」や「楽しませる」といった意味が込められており、顧客の満足度を第一に考えたものづくりを目指しています。

 

株式会社FEEDでは設備投資にも力を入れており、高いレベルでの製造や加工を可能にする機器を数多く導入しています。

 

株式会社FEEDでは金属を容易に加工する事が出来る森精機5軸立型マシニングセンタNMV5000をはじめ、ミツトヨ3D測定器や大阪機工株式会社製VM7-Ⅲ-立型マシニングセンタなど数多くの最新機器が導入されています。

 

株式会社FEEDでは自動車やオートバイ部品などの試作や開発、製造だけでなく2・3D/CAD-CAMによるモデリングや図面作成、金型設計、マシニング加工まで行っています。

 

 

株式会社FEEDの社長ブログ

 

株式会社FEEDでは自社のホームページを用意しており、会社の紹介文各種情報などが数多く掲載されています。

 

また、門田社長が自ら綴るブログも不定期的にアップされており、会社の状況や雰囲気などをチェックするのにオススメです。
門田社長が不定期的にアップしているブログには株式会社FEEDで起こった出来事だけでなく、門田社長独自の視点で見た業界への意見なども閲覧する事が出来ます。

 

ただし、社長もそれほど暇というわけではないのでブログをアップするインターバルが数ヶ月に及ぶ事も珍しくはない状況です。

 

また、ブログ内では休業時期に関する情報や株式会社FEEDの工場移転に関わる情報などが発信される事もある為、定期的にチェックしておく事で株式会社FEEDに関する最新情報を漏れなくゲットする事が出来ます。