オートバイや自動車の修理事業は車両を保有する人がいる限り、無くなる事は皆無と言えます。

オートバイ・車修理事業を行うには

MENU

オートバイや車を修理する為に必要な資格

 

整備士

 

私たちは普段の生活の中で実に多くの移動を繰り返していますが、東京都心部を含めた大都市圏以外の地域では基本的に「オートバイ」や「自動車」が主な移動手段となっています。

 

日本は世界でも有数の自動車大国として知られていますが、自動車を生産するだけでなく国民の自動車保有率も非常に高い国として広く認知されています。

 

自動車の保有率が高い日本においてオートバイや自動車の修理や点検などを行う自動車整備士は非常に重要な存在であり、車社会が根付いた地域ではひとつの町に自動車整備工場が複数ある事も珍しくはない光景です。

 

自動車整備士とは自動車分解整備事業においてオートバイや自動車の点検や診断、修理や調整などを行う為の知識や技術を有する「有資格者」の事を指します。
自動車整備士になる為には国家試験を受けて合格する必要がある為、自動車整備士を目指す際には一定の知識と技術を身に付けておく必要があります。

 

 

オートバイや自動車の修理事業への需要

 

オートバイや自動車を保有する人は日本国内に数多く居ますが、こうした車両を保有する人には定期的に車検などのメンテナンスを行う事が法律によって義務付けられています。

 

そのため、他国に比べてオートバイや自動車の保有率が高い日本国内においてはオートバイや自動車修理事業への需要が非常に高く、ひとつの地域に複数の自動車整備工場が存在する事も珍しくはありません。

 

オートバイや自動車を保有している人は必ず自動車整備士が常勤している自動車整備工場で数年に一度、車両の点検や修理、メンテナンスを受ける必要があります。
そのため、オートバイや自動車の修理事業は車両を保有している人が存在している限りは需要が無くなる事は「皆無」と言えます。

 

また、事業所側が自動車分解整備事業の認証を受ける為には必ず工員数に対して定められた一定数の自動車整備士有資格者が必要となる為、オートバイや自動車の修理事業を行う多くの整備工場では常に自動車整備士を必要としている現状があります。

 

整備の他に行っている事業内容