東海地方が自動車産業発展地域として知られているのは、トヨタ自動車グループの存在にあります。

自動車産業が東海地方で盛んな理由とは

MENU

東海地方の自動車産業が盛んな理由

 

日本国内にはトヨタ自動車をはじめスズキやホンダ、マツダや日産といった世界的にも有名な大手自動車メーカーが数多く存在しています。

 

日本国内で育まれた自動車に関連する技術力は世界でもトップクラスであり、その性能は世界各国からも非常に高い評価を得ています。
高性能の自動車を生み出し続けている日本において自動車産業がもっとも盛んな地域に「東海地方」が挙げられます。

 

愛知県や静岡県を含む東海地方では自動車の部品を製造する専門の自動車工場が数多く軒を連ねており、世界でも有数の自動車メーカーとして知られるトヨタも愛知県の豊田市を本拠地としています。

 

自動車産業とは典型的な組み立て産業であり、トヨタ自動車のような大企業の周囲には下請け・関連産業が集積していく傾向があります。

 

東海地方ではトヨタ自動車の前身である豊田自動織機が豊田市で創業したため、それに付随する自動車部品工場も周辺地域に工場を構えるようになった事で自動車産業の一大工業地帯が生まれたのです。

 

 

東海地方におけるトヨタ自動車の存在感

トヨタマーク

東海地方は日本国内でも有数の自動車産業発展地域として知られていますが、その理由は「トヨタ自動車グループ」の存在にあります。
トヨタ自動車グループは日本最大の自動車メーカーであり、東海地区を拠点とする世界でも有数の大企業です。

 

このトヨタ自動車グループが愛知県の豊田市を本拠地としているため、それに関連した自動車産業が東海地方を中心に発展してきたという経緯があります。
そのため、東海地方におけるトヨタ自動車グループの存在感は群を抜いており、他の産業を圧倒しています。

 

トヨタ自動車の前身である豊田自動織機が自動車産業に参入してトヨタ自動車を設立したのは1937年の事であり、さらに自動車産業がこの地で本格的に発展を遂げたのは高度経済成長期以降のことなのでトヨタグループが世界へと進出できたのは比較的、最近の出来事だと言えます。

 

三重県もまた自動車工事業に関わる中小企業が非常に多く密集している地域として知られています。