買い物以外の楽しみ方ができるショッピングモール施設をご紹介!

ショッピングモールに求められているもの

ショッピング中の女性「モノからコトへ」と言われるように、近頃の私たちの消費行動は「モノ消費」から「コト消費」変化しつつあります。

 

つまり、商品を購入してその機能やサービスに価値を感じる時代から、手に入れた商品やサービスにより「いかに素晴らしい体験ができるのか」という時代に移り変わっているのです!

 

「イオンモール幕張新都心」では、年齢や個人の趣味嗜好でターゲットを絞ったの4つのモールから構成されています。

 

各モールはただ買い物を楽しむだけでなく、それぞれにおいて「滞在」そのものを楽しめるような娯楽施設やイベントが用意されており、今やショッピングモールに留まらぬテーマパークのようなワクワクを求めることができるのです!

 

このように最新のショッピングモールではショッピングとしての機能だけでなく、アトラクティブな施設であることを求められているのです!

 

 

「遊び」を体験できるショッピングモール

テーマパークのように楽しめるショッピングモールは、イオンモール幕張新都心を代表として今や全国のランドマークとしてメディアにも取り上げられています。

 

その中でも特別にオススメのショッピングモールをご紹介いたします!

 

セブンパークアリオ柏

芝生でバーベキュー千葉県柏市にある「セブンパークアリオ柏」は3パターンのコンセプトを有したショッピングゾーンに加え、大人ですら童心に帰って好奇心を存分に満たせるエンターテイメント空間を兼ね備えたショッピングモールです!

 

さらにはショッピングゾーンもさることながら、約4,000坪の土地を使った大型の公園を併設しており、バーベキューを楽しんだり、雨を凌げるステージで3,000人規模のイベントを楽しむことのできるアミューズメントゾーンも見逃せません!

 

 

ららぽーと富士見

ショッピングモールの外観三井不動産商業マネジメント株式会社が運営することで有名な「ららぽーと」の中でも埼玉県富士見市にある「ららぽーと富士見」は、鉄道広場・ランニングコース・フットサルパークなどのアミューズメント施設を持つ、言わずと知れた遊べるショッピングモールです!

 

中でも2015年から常設されている「チームラボ」による「学ぶ!未来の遊園地」は非常に魅力的なエンンターテイメント空間で、自分で描いた魚が実際に泳ぐ「お絵かき水族館」はメディアでも取り上げられた『一度体験しておきたい』スポットになります!

 

 

 

イオンモール沖縄ライカム

水族館2015年に「アジアNo1」を目指してオープンされた沖縄県のショッピングモール「イオンモール沖縄ライカム」は沖縄の新しい観光名所として丁寧に作り上げられました!

 

他のショッピングモールにはない「沖縄らしさ」を前面に出した同ショッピングモールは特徴的な「アクアリウム」やリゾートをモチーフにしたエントランスなど、本来は生活に馴染むようなショッピングモールとは思えない「非日常」を味わえる、オンリーワンのショッピングモールです!

ページの先頭へ戻る