かつての入浴施設が遊んで過ごせるテーマパークに進化!

最強のテーマパークとなった入浴施設

実は、日本人の家族や知人同士での旅行に対する計画は明るいもので、2019年における希望の旅行のタイプは上から「温泉旅行・自然観光・グルメ旅・テーマパーク」の順に並んでいます。

 

そのような結果を受けて「温泉」と「テーマパーク」の融合を成功させ、大ヒットさせた施設が次々と現れました!

 

いまでは日本中に県内外どころか、国内外問わずたくさんの観光客が「そこだけで1日中遊ぶため」に入浴施設を訪れています!

 

その中でも日本が誇る「今すぐに家族を連れて行きたくなる」温泉施設をご紹介したいと思います!

 

 

大江戸温泉物語

日本の銭湯

「大江戸温泉物語」は全国の至る処に展開がされている言わずと知れた「巨大温泉テーマパーク」です!

 

中でも東京にある同施設では、拠点をお台場に構えることから、外国人旅行客が多く訪れる観光名所になっています!

 

施設内には「縁日」が展開されており、金魚すくいやヨーヨーすくい、ストラックアウトなど昔ながらの日本の文化を楽しみながら、足湯をはじめとした種類豊富な温泉、岩盤浴が家族全員を癒してくれます!

 

 

 

龍宮城スパホテル三日月

「K18黄金風呂」で有名になった木更津の入浴施設です。

 

東京湾を見渡せる展望風呂をはじめとした「都会での疲れ」を癒せる温泉施設や、屋内外の天候や季節に左右されず1年中楽しめる巨大プール、さらには子供が楽しむことのできるキッズガーデン、ゲームセンター、トリックアートなど、隙がないのが魅力的な入浴施設になります!

 

 

スパリゾートハワイアンズ

ハワイのイメージ日本一の高低差と滑走距離を誇るウォータースライダー『ビッグアロハ』を売りにしているスパリゾートハワイアンズは「温泉大陸」と呼ばれるまぎれもないテーマパーク型の入浴施設です!

 

とにかく水を使って遊ぶことに特化した同施設は、魚たちと一緒に泳いでる気持ちになれる「アクアリウムプール」や、男女ともに水着で入浴できる「スプリングタウン」、情緒満載の「大露天風呂」など、一日中水に触れていることのできるテーマパーク型の入浴施設になっています!

 

 

ナガシマリゾート

「ピーターラビット」が公式キャラクターを務める、巨大な敷地面積を誇る大リゾートといえば「ナガシマリゾート」です!

 

「温泉・遊園地・自然観光・プール・ミュージアム」の5大要素が全て1つの敷地内に収まっているナガシマリゾートは、さながら超有名テーマパークを彷彿とさせるほどバラエティに富んでいる施設です!

 

楽しめる施設のあまりの多さに、敷地内に3つもあるホテルに宿泊して遊ぶ予定を立てても一回の旅行では全てを観光しきるのは難しいでしょう…。

 

冬の季節のイルミネーションは大切な人と2人で訪れても楽しめる、そんなナガシマリゾートは、全てを網羅したトップクラスのテーマパークとなりました!

 

 

迷ったらとにかく温泉リゾートに!

テーマパーク化で楽しめる施設は他にもありますが、温泉施設に来ればまずハズレはありません!

 

まずはご紹介した施設や、そのほかの温泉テーマパークで世の中の「テーマパーク化」を体験してみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ戻る